ソーセージ作りを体験!

調理科と高度調理技術科1年生、水曜は特別調理実習「ソーセージ」

普段は市販のソーセージを購入して食べますよね^^

ですが、今日は実際に挽肉を捏ねて腸詰をする実習です!

今回の授業は㈱東北ハムの谷野哲雄講師から教えていただきます。

塩を入れること、よ~く練ることが重要だそうです(^^)

肉の温度が上がらないように手早く捏ねるのも大事なポイント(≧o≦)

味付けは東北ハムさんブレンドの調味料を加え、氷水で練っていきます。

「ねばり」が出るまでしっかりと練ってくださいね!

次は器具に羊腸をセットして、均一な太さに絞っていきます。

羊腸をセットするところから教えていただきました。

セットするのもコツがいるみたい♪

腸詰め・・・これが、けっこう難しい(><)

「ほどよい」カンジに絞りだそうとしても、詰め過ぎて腸が破れたり★

苦戦?しながらもなんとか腸詰め完了!

今度は「ソーセージ」の形にねじっていきます。

こんなカンジ

さて、上手くできるかな?

とっても長~いソーセージにも、挑戦!!

腸詰め、楽しそうです^^

最後はボイル。70~75℃で約20分。

沸騰したお湯で長時間ボイルすると、せっかくの肉の旨味が出てしまうそうです。

手作りソーセージと市販品の違い、解ったかな?

とても貴重な体験でしたね(*^^*)

谷野先生、ありがとうございました!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。