オープンキャンパス 製パン

7月30日日曜日、製パンのオープンキャンパスを行いました。

今回は菓子パン2種類、「メロンパン」と「チョココロネ」です。

本日の講師は、本校の製菓製パンの実習講師である小林康宏先生、前々回のオープンキャンパスのピザでも教えていただきました。

午後の1時からのオープンキャンパスですが、パンは発酵時間が長時間かかるので高度2年生が9時から仕込みをしています。

ミキサーに材料を入れて撹拌し、最初の発酵をしましょう。

なんと、90分間発酵します。

その間に、メロンパンの生地を仕込み、生地を冷蔵しましょう。

チョココロネのチョコクリームも作ります。

1回目の発酵が終わったら一旦ガスを抜いて2回目の発酵に入りましょう。

メロンパンの生地を分割して、成形しましょう。

最終発酵する前に成形し、メロンパンの模様をカードでつけます。

チョココロネも成形しましょう。

生地を伸ばして、コルネ型に巻き付けましょう。

コルネってこうやって形を作るんですね。

さあ、最終発酵です。1時間かけてふっくらとしたパンにしましょう。

発酵が終わったら高校生の皆さんに参加してもらいましょう。

オーブンに入れる前に卵を塗って、

メロンパンはグラニュー糖をふって

さあ、いよいよオーブンニ入れましょうね。

焼き上がりました。

チョココルネは、生地を冷ましてからチョコクリームを入れましょう。

絞り袋を使って詰めていきましょうね。

出来ました!

美味しそうですね。

焼き立てのパンは香りも良くテンションが上がりますね。

さあ、頂きましょう。

表面がカリカリのメロンパンとチョコクリームがたっぷりのチョココルネ、美味しそうですね。

たくさんの参加、ありがとうございました。

次回は9月3日日本料理です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。