西洋料理はデザートとスープ

火曜日午後、高度調理技術科2年生は西洋料理実習。

1学期最後の西洋料理は「リンゴのクレープ ノルマンド風」

角切りにしたリンゴをバターと砂糖で炒めます。

食感が残るように炒めたらシナモンで香りづけ♪

クレープの生地は薄く均一に焼いて・・・

焼き色があるほうが美味しそうです!

学生たちも、調理開始。

リンゴをソテーする作業から取り掛かります。

リンゴの荒熱を取っている間、クレープ生地を仕込み、焼きます。

もう一品は「じゃが芋の冷たいクリームスープ」

1年生でも実習しましたが、おさらいですね^^

クレープと同時進行でタマネギ、じゃが芋を炒めてブイヨンで煮込みます。

太田先生、学生たちに今日のポイントを指導。

火加減、材料を加えるタイミング、味付け、すべてが調理の大事なポイントになります。

クレープに添えるフルーツは今が旬の「メロン」とホイップクリーム。

クレープの仕上がりに合わせ、生クリームを手早く泡立てます。

ミキサーで撹拌したスープは冷~たく冷やしてブランデーとポルト酒を少々。(入れ過ぎ注意!!)

クレープの仕上げはメロン&ホイップクリーム、

そして、バニラアイス♥♥♥

今日は暑い夏にピッタリな、とっても涼しげな2品でしたね(*^o^*)

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です