西洋料理実習、鶏肉料理!

13日火曜日。高度調理技術科2年生、午後は西洋料理実習。

今日は鶏肉料理「チキンカツ パルメザン」

鶏骨付きもも肉の下処理の手順を太田政宏講師が丁寧に説明。

鶏肉の下処理は今まで何回も実習してきました。

試験課題にもなっているためか、学生たち、いつも以上に真剣です(>o<)

太田先生が各班を指導。

直々に教えてもらえるのも、学生の特権ですね(*^^*)

今日のチキンカツはパルメザンチーズを混ぜたパン粉が衣です。

ただ付ければいいという訳ではなく、衣の付けかたも大事なんです!

「余分な粉は落として」「ぐっと押さえるように」

料理を美味しく仕上げるため、手抜きは禁物★

衣の付けかたひとつで仕上がりが違ってきます!

サラダ油でこんがりと焼きつけ、オーブンで火を通します。

美味しそう♥

もう一品は「赤エビのソテー タイム風味」

刺身でも食べられる新鮮な赤エビをオリーブオイルとタイムでソテー。

実習室中、香ばしいタイムの匂いに包まれました!

これも、美味しそう~♥   殻ごとパリパリいただけるんです^^

いよいよ来週から試験。練習の成果が出せるよう頑張ってね♪

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です