地元の企業訪問 つけもの処 本長さんへ

 毎年、「特別調理実習 漬物」の授業をお願いしている、地元企業の「本長(ほんちょう)」さん。
今年度は初めて学生の方が、鶴岡市大山に在る本長さんの現場へ訪問させて頂きました。
本長さんは、四代も続く老舗の漬物屋さん。
庄内の代表的な存在である「在来野菜」をいち早く、漬物として使用して、またその
在来野菜の保存と伝承に、大きく貢献されている地元の企業です。

会長である本間光廣さんと、いつも学校に講師に来て下さる大瀧久美子さんに案内して
頂きました。

会長さんの右横にある、茶色の電話ボックスは、漬物を漬けている樽と同じもの!
6tの瓜を漬けることができる大きさです!スゴイ\(◎o◎)/!
蔵に入れて頂いた途端、酒粕の香り・・・
本長さんの在る大山は、庄内で有名な酒どころ。新春に出る酒粕を使用する説明も
ありました。
地元の生きた文化財と言われる「在来野菜」を地元の酒粕、調味料で、無添加で
時間をかけて、丁寧に作業されている本長さん。
たくさん試食させて頂きました!

若い世代でお漬物は好きかな・・・そんな心配はご無用でした。
みんな笑顔で、お土産をたくさん買い求め、帰りのバスの中で隣の人と見せ合いをしていました。
良かったね~!(*^_^*)
笑顔の企業見学になりました。

高度技術調理科2年生! 在来野菜を勉強中。メモを取る姿、真剣でした。

高度技術調理科1年生!たくさん、お漬物を買っていましたね!

調理科! 幸せな笑顔で試食したいましたね~(^○^)地元のこともたくさん学んでね。
本長さんの皆様、お世話になりました。
今後とも、よろしくお願い致します。